サーフサイドに案内看板が無いのはなぜ?


テーゲー主義とは?

沖縄の生き方、考え方、ライフスタイルを指し示す言葉。

「適当」「だいたい」「大概」とか、「程々に」という意味の沖縄方言。

安易なテーゲー主義は危険だが、現代人がどこか忘れているもの。

はてなキーワードから引用-

 

こんにちは。

サーフサイドの佐藤です。

 

いきなりですが、SNSを通して見た僕って、見え方は人それぞれでしょうが、わりとキチンとした人間に見えることもあるようです。

これは、僕がイイ恰好しいなのが原因です、ついつい自分を立派に見せようとしてしまう癖があるので。

自覚はありますが、なかなかその癖は抜けません。

実際の僕は、テーゲー主義なのに…

 

なので今日は、僕のテーゲー(いいかげん)なところをカミングアウトしようと思います。

 

来たことある人は知っていると思いますが、サーフサイドは、わりと分かりずらい場所にあります。

国道からの入り口が、旧道側とバイパス側と二つあって、旧道側には看板がありますが、バイパス側にはありません。

正確に言えば、バイパス側にもあったのですが、かなり前から無くなっています。

それに、国道からの入り口からサーフサイドに到着するまでの間にも、何ヵ所か案内看板を設置してましたが、それもかなり前から無くなっています。

なぜ、無くなっているかと言うと・・・

 

「台風で飛ばされたから」

 

沖縄の台風の猛烈さは、経験した人は分かると思いますが、看板などは簡単に吹き飛ばしてしまいます。

 

13001053_999646500125192_1086468130018993746_n

木製の棚など、ものの見事に貫通しました。

 

もちろん、小さな案内看板などは、ひとたまりもありません。

 

なので、

 

「どうせ、また台風で飛ばされるし」

 

って思って、案内看板が無いままの状態になっています。

ちなみに、棚もそのまま放置されたままです。

自分の都合を台風のせいにして、なんかすいません。

 

でも、ほとんどの人は、レンタカーのカーナビあるし、スマホのグーグルマップもありますしね!

 

13062665_1040580076016165_1238765029_o

 

そんなわけで、場所が分からない時はすぐに電話ください、僕が親切丁寧にナビゲーションしますので!

tel: 098-966-2931

 

それにしても、こんなテーゲーな宿を気に入ってくれる人がいるんだから、本当に有難いことでございます。

ゆるく楽しくいきましょう

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。