沖縄の梅雨の特徴


沖縄の場合、梅雨と言っても、毎日シトシト雨が降るわけではなく、ザッーとスコールのような雨が降って、そのあと晴れ間が広がったり、梅雨の中休みで何日も晴れの日が続いたりと、もうこれは運次第といったところ。

 

こんにちは、サーフサイドの佐藤です。

「GW中に梅雨入りするのではなかろうか?」

と思っていたのですが、いまだ気象庁からの梅雨入りの発表が出ていません。

 

awan59

 

平年だと5月10日前後なので、そろそろ梅雨入りかもしれませんが、昨年は5月20日頃と遅かったこともあり、なんとも言えませんね。

とりあえず、スカッと晴れているわけではありませんが、観光するには全然問題ない天気が続いています。

 

スコールのような激しい雨

沖縄はご存知のとおり、日本列島のかなり南に位置しています。

亜熱帯気候なので、雨の降り方も梅雨特有のシトシトとした長雨ではありません。

ジャングルのスコールのような激しい雨が降ります。

なので、ザッーっと局地的に激しい雨が降ったかと思うと、すぐ晴れて青空が見えるなんてことも、しばしばです。

本土とは、ずいぶん違うのではないでしょうか。

 

梅雨時期の天気予報はあてにならない

梅雨といえば、朝からずっと降り続くと思われがちですが、沖縄の梅雨は基本、一日中ずっと雨が降るということはなく、一日の中でも必ず雨が止む時間帯があります。

なので、沖縄の人は、その時間帯を狙って、買い物に行ったり、用事を済ませたりしています。

それに、沖縄の人は、あまり天気予報を気にしないし、傘もあまり持たないです。

雨が降ってもすぐ止んだり、北部と南部でコロコロ天気が変わったりするので、沖縄では天気予報は、あまりあてにしていませんから。

 

まとめ

結局、梅雨時期の沖縄旅行、天気に恵まれるかどうかは、運次第といったところです。

運が良ければ、最高の観光日和に恵まれるかもしれませんよ、湿度はハンパないですが(笑)

 

ゆるく楽しくいきましょう

 

ホーム部屋・設備空室・予約周辺情報アクセスブログ「ワン連れ日記」お問合わせワンちゃんの一時預かりについて予約照会・キャンセルEnglish

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。