沖縄でハブに遭遇した時の対処法


ハブは、石垣や瓦礫、草むら、側溝や下水、小川の近く、森の中など、涼しくて湿りけが適度にあって、身を隠す空間がある場所を好むので、そういった場所には近づかないようにしましょう。

 

こんにちは、サーフサイドの佐藤です。

天気予報によれば、沖縄は明日からしばらく雨模様のようです。

そんな梅雨真っ只中の沖縄、湿度の高い雨降りの日に、沖縄旅行者の人に気をつけてもらいたいことがあります。

 

awan84

 

そう、「ハブ」です。

今朝、お客さんから「このへんにハブって、いるんですか?」って聞かれたので、今日は、沖縄でハブに遭遇した時の対処法をお伝えしておこうと思います。

 

沖縄県には、毒蛇ハブが生息しています

1960年代後半頃は、1年間に500人以上の人がハブに咬まれていましたが、現在ではハブ、サキシマハブ、ヒメハブ、タイワンハブの4種類あわせて約100人前後に減少しています。

治療法が改善されたため、命をおとすことはほとんどなくなりましたが、咬まれたあとに後遺症を残す場合があります。

沖縄県では、ハブの活動が盛んな5、6月に「ハブ咬症注意報」、そして10、11月を「ハブ咬症防止運動月間」として県民に注意を呼びかけています。

~沖縄県公式ホームページから引用~

 

ハブに遭遇した時の対処法

こんなことを聞くと「沖縄はハブだらけなんだ!」って思う人もいるかもしれませんが、そうそうめったに遭遇することはありません。

ハブは夜行性だし、南国の生き物のクセに暑さに弱く、太陽に30分も当たっていたら弱って死んじゃうこともあります。

だから、太陽サンサンの真昼間には、まず遭遇することはないんですね。

注意しないといけないのは、夜間や雨の日。

万が一ハブに遭遇した場合は、静かに見守りながらそーーーと立ち去りましょう。

むやみに騒ぎ立てたり、こっちから棒で攻撃しようものなら、反撃モードになって襲いかかってきます。

沖縄の食物連鎖の頂点に君臨するハブ、その攻撃力は相当なものです。

 

まとめ 

 
こんな話をすると沖縄に来るのが、心配になる人もいるかもしれませんが、冒頭に書いてあるハブのいそうな場所に近づかなければ、たぶん大丈夫です。

ちなみに僕は、沖縄16年住んでいて、車に轢かれてペシャンコになったハブは見たことありますが、生きたハブに遭遇したことはまだありません。

 
ゆるく楽しくいきましょう
 
 

The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。