朝食の目玉焼き、どうしてぷっくりした形に整っているんですか?何かプロのワザがあるんですか?


今日のネタは、ちょうど一年前ぐらい、アメブロに書いて反応が良かった記事です。

今朝もお客さんに聞かれたので、リライトします。

こんにちは、サーフサイドの佐藤です。

 

 

awan183
 
 
 

結論から言うと、全くプロのワザではなく、素人のワザです(笑)

 

サーフサイドの朝食の卵は、目玉焼きではなく、目玉茹で。

ポーチドエッグもどきみたいなものです。

 

せっかくなので、作り方を紹介してみようと思います

 

awan186

 

器に水をはって

 

awan185

 

そこに、卵を二つ落として

 

awan184

 

レンジでチンするだけ。

以上です(笑)

 

一応、ポイントとしては、器の大きさと形、あと水の量とチンする時間が重要。

チンし過ぎると卵が爆発して、レンジのなかが大変なことになるので、注意が必要です。

写真の器と水の量で3分チン、卵一個だと爆発しやすいから、卵二個でやるのがコツですね。

 

それに、レンジの時間を調整すれば、半熟卵にもなります。

シーザーサラダとかタコライスに半熟卵を乗せる時は、超カンタンで便利です。

朝、時間の無い人にもオススメですよ~

 

まとめ

 

くどいようですが、卵の爆発にくれぐれもご注意をくだされ!

 

今日もゆるく楽しくいきましょう

 

ホーム部屋・設備空室・予約周辺情報アクセスブログ「ワン連れ日記」お問合わせワンちゃんの一時預かりについて予約照会・キャンセルEnglish


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴16年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味のルアーフィッシングを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。