とぅるばい、とぅるばる、とぅるばやー


「とぅるばる」というのは、沖縄の方言なんですが、方言独特のニュアンスがあります。

僕の沖縄生活のなかで受けた印象で、簡単に言うと「ぼーっとする」って意味。

 

awan206

 

海の向こうの水平線を眺めながら「やー、とぅるばってるなー(訳:おまえ、ぼーっとしているね)」とか。

そんな風に「ぼーっとしている」ことの多い人のことを「とぅるばやー」と言ったりします。

小さい「ぅ」が入る独特の響きもさることながら、「とぅるばい」とか「とぅるとぅるするな」など、使いこなしているうちなーんちゅを密かに羨望の眼差しで見ていた自分がいました(笑)

 

こんにちは、サーフサイドの佐藤です。

「とぅるばやー」は、見下した言い方ではなく、なんとなく愛を感じる言い方です。

僕の知っている「とぅるばやー」は、なんだかんだ揶揄されながらも、どこか憎めない愛されキャラの人が多いです。

 

それに、以前聞いた話ですが、沖縄県内で店舗展開していて、海外にも進出している敏腕経営者の話なんですが、良いアイディアのほとんどが、とぅるばってる時に浮かんでいるそうです。

とぅるばやーは、ある種の天才なのかもしれません、独特の雰囲気を持っています。

 

そんなわけで、普段間を詰めがちの人は、沖縄で「とぅるばる」時間を作ってみてはいかがでしょうか?

ゆるく楽しくいきましょう

 

ホーム部屋・設備空室・予約周辺情報アクセスブログ「ワン連れ日記」お問合わせワンちゃんの一時預かりについて予約照会・キャンセルEnglish


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。