ルアーで釣ってみたい沖縄の魚その1、幻の古代魚【琉球タライロン】ホシマダラハゼ


こんにちは!

サーフサイドの佐藤です。

 

沖縄の魚って、

本土とは違った魚が多いです。

 

その中でも今日は、

僕が沖縄の河川で

今、釣ってみたい魚を

紹介してみたいと思います。

 

ルアーフィッシングの師匠のツイートより

 

そう、ホシマダラハゼ

沖縄方言名イーブーです。

別名、琉球タライロンとも言われる

古代魚を思わせるフォルム。

 

アマゾン川のタライロン
(淡水シーラカンス)

ジムこと村田基さんのサイトより

 

ホシマダラハゼの

トップウォーターへの派手なバイト。

 

まだ体験していませんが、

耳にする話や

YouTube動画で見て

今、僕が出会ってみたい魚のひとつです。

 

ホシマダラハゼは、

ハゼとは思えない太くたくましい体つき。

全長45cmにも達するホシマダラハゼは、

日本最大級のハゼとして知られています。

 

それと、ホシマダラハゼは、

絶滅危惧Ⅱ類に定められています。

なので、釣れても優しく

リリースするのが基本です。

 

ちなみに、有明海には、

ハゼクチというハゼがいます。

ハゼクチは全長50cmを超えます。

 

長さで言えば、ハゼクチが

日本最大のハゼということになりますが、

体型がニョロニョロと細長く、

存在感で言えば、

ホシマダラハゼのほうが上でしょう。

 

【名前】

ホシマダラハゼ

絶滅危惧II類(VU)

スズキ目カワアナゴ科

 

【国内の生息域】

琉球列島。

久米島・西表島・種子島

河川汽水域のマングローブ域に生息。

亜熱帯水域、熱帯水域

汽水域-底生性

 

【生態】

河川汽水域のマングローブ域に生息。

流れの緩やかな場所を好み、

日中は見を潜めているが、

夜行性で夜になるとエサを探して活発に動く。

 

【釣期】

周年

 

【食性】

肉食性で、

小魚や甲殻類を捕食する。 

 

【釣り方】

ルアー釣り

ミノー、クランクベイト、ポッパー、

バイブレーション、スプーン、ワーム等。

 

エサ釣り

ブッコミ釣り、エサは手長エビ等を使う

 

【釣れる時間】

夜行性のため、

夜の方が活発的だが日中でも釣れる。

 

【レッドリスト】

絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。

 

以上、

ルアーで釣ってみたい沖縄の魚、

幻の古代魚【琉球タライロン】

ホシマダラハゼ

でした!

 

宿泊予約はホームページ限定プランが断然お得!

他の宿泊予約サイトより割引き料金でご案内しています。

↓↓↓

沖縄県恩納村にある犬も泊まれるペンション |サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト

犬好き、釣り好きのペンションオーナーが沖縄旅行の思い出作りのお手伝いを致します。

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。