沖縄渓流ルアーの人気ターゲット、ミキユー【オオクチユゴイ】ジャングルパーチ


こんにちは、サーフサイドの佐藤です。

 

沖縄で渓流釣りってイメージじゃないですよね?僕も去年まで知りませんでした。

本土で渓流釣りと言えば、ヤマメやイワナ、ニジマスなどのトラウト系の魚、僕も北海道に住んでいる頃は、渓流にヤマメやニジマスを釣りに行ったことがあります。

しかし残念ながら、それらの魚は沖縄にはいません。

 

ですが沖縄の渓流にも、沖縄ルアーマンに人気のターゲットになる魚がいるのです。

沖縄方言でミキユーと呼ばれる魚、ほんと綺麗な魚体。

 

初心者沖縄ルアーマンの僕は、ここだけの話、ミキユーを釣ったのは写真の一匹のみです…(笑)一丁前に記事にしてすいません!

 

ミキユーの和名はオオクチユゴイ、英名ではジャングルパーチ(Jungle perch)と呼ばれています。

沖縄でブラックバスが生息しているダムは釣り禁止ですし、ヤマメやニジマスなどもいないので、渓流や川での釣りの人気ターゲットとなっているわけです。

 

今回は、そんな愛しのミキユーちゃんを紹介してみようと思います。

 

ミキユーとは?

 

ミキユー(オオクチユゴイ)は、インド太平洋の熱帯・亜熱帯域の渓流や汽水域に生息するユゴイ科ユゴイ属の魚。

 

 

日本では主に沖縄に生息していて、北域は高知県とされていますが、それより北でも目撃情報があるみたいです。

体はスズキに近い形、体色は白銀で黒褐色の斑点があります。
尾ビレは両端が黒くなっています。

 

口は名前の通り大きく、川に住む小魚や甲殻類や虫を捕食します。

なので絶好のルアー対象魚になるわけです。

 

警戒心が非常に高く、狙う場合は身を隠しながらキャストします。

特にポッパーやペンシルを使ったトップゲームが面白く、ど派手なバイトをしてくれます。

 

ちなみに、ミキユーは食べれるようですが、沖縄の人はほぼ食べません、キャッチ&リリースが基本です。

 

ミキユー釣りは、沖縄本島だと北部のやんばるが有名ですが、那覇などの住宅地近くの川にもいたりするので、沖縄旅行の合間に狙ってみてはいかがでしょうか?

 

以上、

沖縄渓流ルアーの人気ターゲット、ミキユー【オオクチユゴイ】ジャングルパーチ

でした!

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。