【沖縄 中北部でルアー釣り】 膝下ぐらいの水深でお手軽ウェーディング


釣りドカタの佐藤裕介です。

先月、参加していた仲間内でのジグを使っての釣果競争、今までジグをほとんど使ったことがなかったので、試行錯誤しながらの釣りでしたが、自分で思っていた以上の釣果を得ることができました。

釣果競争ではありますが、目的はあくまで技術の向上、やはり一人でやるより、たくさんの仲間と情報交換しながら競い合うと結果も出てくるものです。

今回の釣果競争中にメインでやっていたのはウェーディング、まあ、ウェーディングといってもウェーダーではなく、海パンにウェーディングシューズですけどね。

 

沖縄は10月でも水温は26℃以上あり、ウェーディングをしていても快適な水温です。

景色だけでも十分楽しめますし(笑)

 

釣れる魚は、主にメッキ、コトヒキ、ヤマトビー、カマスといった可愛いこちゃん達。

 

干潮の時間帯に海に入り、膝下ぐらいの水深のところで5gぐらいのミニジグを早巻きしていると、だいたいこのへんの魚が食ってきます。

 

ミナミクロダイもジグで釣ることができました。

場所によっては、50cm近いミナミクロダイも見えていたので、トップで狙ってもおもしろいと思います。

 

40cmぐらいのガーラ(ヒラアジの仲間)が群れで入ってきたりもします。

写真のナンヨウカイワリは、とても美味な魚です。

 

もちろん刺身にして美味しく頂きましたよ。

 

こうしたルアー釣りは、ライトタックルで十分楽しめますし、これからの時期ならイカ狙いのエギングタックルと兼用してもいいと思います。

ポイント情報については、宿泊予約の際にお尋ねくださいね。

 

以上、「【沖縄 中北部でルアー釣り】 膝下ぐらいの水深でお手軽ウェーディング」でした!

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。