【沖縄の冬、どんな服装をしたらいいの?】


はいさい!沖縄で愛犬との旅を応援している、沖縄 恩納村 ペットと泊まれる宿・サーフサイドのゆーすけです。

今回は、この時期になるとお問合わせが多くなる「沖縄の冬、どんな服装をしたらいいの?」ってお話です。

常夏のイメージがある沖縄ですが、12月から2月頃までは、沖縄も短い冬があります。

tenki-okinawa

他府県と比べると暖かいですが、沖縄でもそれなりに寒くなる日があります。

気温は10℃以下になることはめったにありませんが、海から吹いてくる強い北風が吹きっぱなしの日が多く、体感温度を下げ寒く感じます。

例えば北風の風速が5mであったとすると、体感温度は風速1mで1℃下がると言われています。

つまり、気温が15℃だったとすると体感温度は約10℃になってしまいます…(晴れた日は、それより若干暖かく感じます)。

沖縄の冬は、気温のわりに寒く感じることがあるので、風を通さないウィンドブレーカーなどの服装が最適です。

あとは、薄手の長袖か半袖にカーディガンやパーカーなどを脱ぎ着して、調整できる服がオススメです。

風がない晴れた日は半袖で過ごせる日もありますので、天気がよさそうな日は半袖を数枚用意しておくと良いでしょう。

そんなわけで沖縄の冬は、人間にとっては寒く感じる日もあるかと思いますが、ワンちゃんにとって一番快適な季節かもしれませんね。

 

※愛犬との旅行は、ワンちゃんの体調を考慮し、かかりつけの獣医さんの意見も参考にして計画するようにしましょう。

それでは今日も、楽しいワンライフをお過ごしください。

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。