自己記録更新!【沖縄 チキング】海老で鯛を釣るならぬ、コンビニチキンで南黒鯛を釣る


こんにちは、B&Bサーフサイド沖縄のオーナー、釣りドカタ佐藤です。

5月の最終月曜日はアメリカでは戦没将兵追悼記念日(メモリアルデー)、在沖縄のアメリカ人達は3連休になっているようです。どおりでこの週末は在沖縄アメリカ人ファミリーのお客さんが多いわけです。

‪ちなみに、メモリアルデーの過ごし方は家族で過ごしたり、ピクニックに行ったりするのが一般的なようです。

さて、話は変わりまして、

先日、カヤック釣りに参加してくれたSさんが、沖縄在住の青年の案内でファミチキ(ファミリーマートのチキン)でチヌを釣っているのを見て、自分もやってみたくなり近くの河川のチヌ(南黒鯛)がよく溜まっているポイントでファミチキ釣りならぬLチキ(ローソンのチキン)釣りを実践してみました。

ちなみにサーフサイドの近くにはファミリーマートはありませんが、車で2,3分ぐらいのところにローソンが2店舗あります。

さて、用意したのはライトタックルとジグヘッド

それに今回の主役Lチキ

Lチキを指でちぎって、衣が付いたままの状態でジグヘッドに刺して、チヌが居そうなところに投げて後はただ待つだけ。ライトタックルなのでドラグ設定はゆるめにして、ラインもゆるめに垂らしておきます。

そうすると、すーーーっとラインが持って行かれるのでタイミングを見計らってフッキングをいれます。あといきなりガツンと食ってきていっきに走り出す場合もあります。どちらにしても気は抜けません。

ヒットしたら無理はせずにゆっくりゆっくり寄せてくるだけ、途中何度もドラグを出されまたゆっくりゆっくり寄せてくるの繰り返しです。

39㎝の立派なチヌ(南黒鯛)

ものの数分でもう1匹追加、こちらは37㎝

チヌの強い引きに味をしめ、翌日も空いた時間にLチキ片手にポイントに行きました。

そして今度はなんと自己記録となる46cmのチヌ

このサイズともなると引きがハンパない!

39㎝のチヌはなんとかロッドで抜き上げましたが、46㎝ともなるとタモ網が必要になりますね。魚とやりとりしながら車までタモ網を取りに行きましたから(笑)

そして、46㎝のチヌを上げた時にジグヘッドが曲がってしまったので、今度は針だけのノーシンカーでLチキを付けて、ふんわりキャスト。

すると着水と同時にラインが走ったので慌ててフッキングを入れ寄せてくると…

なんとミキユー(オオクチユゴイ)

しばらくミキユーを釣っていなかったので素直に嬉しかったです。

一見、邪道とも思える釣り方ですが、なかなか奥は深そうです(笑)

釣具屋さんで売っている安いグラスロッドを使ったらかなり面白そうですし、沖縄旅行中にちょっとだけでいいから釣りをしたいという人にはオススメの釣りですね。

以上、釣りドカタ佐藤でした~

 

サーフサイドのカヤック海釣り体験は基本的には胴付き仕掛けのエサ釣りですが、ルアー釣り経験者であればカヤックでのリーフ釣りも対応できますので、お気軽にお問合せください!

↓↓↓

 

宿泊予約はホームページ限定プランが断然お得!他の宿泊予約サイトより割引き料金でご案内しています。

↓↓↓

沖縄県恩納村にある犬も泊まれるペンション |サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト

犬好き、釣り好きのペンションオーナーが沖縄旅行の思い出作りのお手伝いを致します。

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。