沖縄と本土の違いって?、沖縄で刺身を食べる時のおすすめの食べ方3つ


こんにちは。

沖縄で愛犬との旅を応援しています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、なんとなく住みついた沖縄が好きになって、ペットと泊まれる宿をやっています、オーナーの佐藤裕介です。

初めて沖縄に来た時、魚の種類の違いにびっくりしたって人、けっこう多いんじゃないですかね?

o0320024013244151676

那覇市の牧志公設市場とかで、並ぶ魚を見て「え!熱帯魚たべるん?」って思った人もいるはず。
あ、沖縄の魚料理を否定しているわけではないので、念の為。
 
イラブチャーの酢味噌和えは大好きだし、マクブのマース煮なんか、最高に美味しいですからね~。
それに、魚は唐揚げにすれば、だいたい食べれるから、前職の溶接職人時代、古宇利の海人にかなり鍛えられました(笑)
 
で、ここで、うちなーんちゅ(沖縄の人)流の定番とも言える刺身の食べ方を紹介しておきましょう。
はじめに言っておくけど、すべての人がそうするわけではありませんからね!
 
刺身を食べる時に重要なのが醤油、この醤油にちょっとしたものを入れます。
 
 
1、酢を入れる。
 
酢なら何でも良いという訳ではなく、マルコメ酢でなくてはいけません。
このマルコメ酢、海の工事現場には、必ずと言っていいほど常備されていました。
メイン用途は食用ですが、ハブクラゲに刺された時の応急処置にも使えるから。
 
 
2、唐辛子を入れる
潰したとうがらしを醤油に入れて食べます。
海人の食べ方かも。
 
 
3、シークワーサーを入れる
 
醤油に絞って食べますが、かなりさわやかな味になります。
 
せっかく沖縄に遊びに来たんなら、わさびだけではなく、うちなーんちゅ流の食べ方も挑戦してみてくださいね~。
 

The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。