沖縄と本土の違いって?、日本の家庭料理の代表格・味噌汁のはなし


こんにちは。

沖縄で愛犬との旅を応援しています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、なんとなく住みついた沖縄が好きになって、恩納村でペットと泊まれる宿をやっています、オーナーの佐藤裕介です。

今日は、日本の家庭料理の代表格・味噌汁のはなしを少々。

味噌汁、それは、おふくろの味って言われるぐらい、日本国民のほとんどが、なじみのあるものだと思います。

ただ、沖縄の食堂の味噌汁は、ちょっと違います。

沖縄以外だと、小さな椀で出されるのが一般的。

しかし、沖縄の食堂では、どんぶりで出てくるもんなんです、メインのおかずとしてね。

沖縄県外だと、豚汁みたいな位置づけになるのかな?

o0480036013245361748

昨日のランチ、近所の食堂の味噌汁650円

観光で来た人が、「味噌汁だけだと足りないでしょ!」って、みそ汁+ライス+他のおかずを注文して、大変なことになったって、ネタのような話もちらほら。

って、そもそも、味噌汁だけで600円とか不思議に思うはずだけど…

まあ、そんな注文したら、味噌汁+ライス+ライス+おかず+汁物になって、えらいこっちゃです(笑)

 

ちなみに、自分の一番のお気に入りは、沖縄本島北部の本部町伊豆味にある「ちえ食堂」の味噌汁。

通りすがりで、なんとなく入ったら、ほとんどの人が味噌汁を食べている、沖縄そばもメニューにあるけど、ほぼ全員味噌汁。

「この状況なら、味噌汁でしょ」って食べたら、納得の美味しさでした。

味噌汁食べるなら、イチオシのお店です。

沖縄の味噌汁は、店によって具材が違い個性豊か、味付けも味噌だけの店もあれば、出汁を混ぜた店などさまざま。

せっかく沖縄に遊びに来たのなら、沖縄の味噌汁をぜひ体験してほしいものです。

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。