沖縄の便利コトバ「だからよ」の5段活用法


こんにちは、沖縄で愛犬との旅を応援しています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、なんとなく住みついた沖縄が好きになって、恩納村でペットと泊まれる宿をやっています、サーフサイドの佐藤裕介です。

ちなみに、愛犬がいなくても、犬好きならどなたでも大歓迎です。

 

o0480027313278480994

 

「だからよ」は、沖縄特有の便利なコトバ。

 

「だからよ」とは?

「だからよ」は、いろんなシチュエーションで使われています。

あまりに高頻度で使われるもんで、沖縄に住み始めた当時は、その使い方に戸惑いました。

時には、「だからなんなのよ!?」って頭にくることも(笑)

でも、この「だからよ」に馴染めないと、沖縄で生活できないと言っても過言ではありません。

自分は、あまり沖縄のコトバを使いませんが、「だからよ」だけは結構使います。

そこで今日は、その意味と使用例を紹介したいと思います。

 

「だからよ」5段活用法

1、話題中止型

相手の質問をはぐらかし、逃れる際に使用される。

このパターンの際、「だからよ」以降に同じ話題を続けてはならない。

「だからよ」が出現した時点で、「この話は強制終了」という暗黙のルールがある。

【例文】

A:「お前、いつになったら結婚するの?」

B:「だからよ~」 (俺もそんなことは解っているから、聞くなよ)

 

2、驚異表明型

話し手以外の第三者に掛かるパターン。

話題に対する驚きを示すもの。

驚きの内容・程度に関しては問題にしない。

【例文】

A:「そういえば、○○のやつ結婚したんだって」

B:「だからよ~」(○○のやつ内緒にしやがって/○○がまさか結婚できるとは)

 

3、単純肯定型

話題をやんわりと肯定するパターン。

しかし、抑揚の加減を間違うと「不本意肯定型」の意味になってしまうことがある。

【例文】

A:「お前、結婚したんだって?」

B:「だからよ~」(そうなんだよ)

 

4、不本意肯定型

話題を肯定しつつも、それが本人の意思と反していることを明示するパターン。

「単純肯定型」と区別するのは、うちなーんちゅでないと難しいかも。

「だ」にアクセントを置き、「だっからよ~」と言えばなお良いでしょう。

【例文】

A:「お前、結婚したんだって?」

B:「だっからよ~」(そうなんだけど・・・)

※できちゃった婚の場合のこのパターンが多いかも

 

5、否定準備型

これからその話題について、否定的な意見を言うっていう前口上。

不本意でありつつ、肯定もしない、という微妙な立位置。

「だからよ」は「いいえ」には当たらず、あくまでも前口上であるということを理解するのが大切です。

【例文】

A:「どう?結婚生活は。うまくいってる?」

B:「だっからよ~」(それがさぁ・・・)

 

まとめ

ほかにも色んなパターンの「だからよ」があります。

完全な否定語として使われることもるし、もちろん、単に「because」にあたる「だから」もあります。

うちなーんちゅは、抑揚の微妙な加減によって、これらを完全に使い分けています。

ただし使い方を間違えると、空気の読めない人になってしまうので、ご注意を(笑)

 

そんなわけで、沖縄の便利コトバ「だからよ」の5段活用法のはなしでした。

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。