【沖縄の自然】陸上を歩きまわる魚のはなし


こんにちは、沖縄で愛犬との旅を応援しています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、なんとなく住みついた沖縄が好きになって、恩納村でペットと泊まれる宿をやっています、サーフサイドの佐藤裕介です。

ちなみに、愛犬がいなくても、犬好きならどなたでも大歓迎です。

 

今日は、これからカヤックのガイドのお仕事。

気温も上がって、生き物たちも元気に動きまわっています。

 

沖縄では、干潮時にマングローブがある河口域へいくと、水のないところに魚がいます。

 

通称「トントンミー」。

 

かなり前に撮った動画が、YouTubeにあったんで貼っときます。

 

トントンミーっていうのは、トビハゼのこと。

水面を「トントン」と跳びはねて逃げていく様子、それと沖縄の言葉で目のことを「ミー」って言うのを合わせて「トントンミー」って呼ばれてます、そう、跳ねる目ん玉ってことですね。

トントンミ-が陸上生活できる理由は、口の中に水をふくみ、それを陸上でも長時間たくわえ、溶けている酸素をエラから吸収すると同時に、皮ふを通しての呼吸ができるからです。

トントンミ-は、陸上では、前足のような丈夫な胸ビレで体を支え、左右同時にうごかし、這うようにゆっくり移動します。

逃げる時には、体の尾部を「6」の字様に曲げ、それを強くはじくようにして、水面や陸地をジャンプして移動していきます。

 

最初は、なかなか見つからないかもしれなけど、目が慣れるとカンタンに見つかるようになりますよ。

見つけるコツは、大雑把に捉える。

見つけることに意識を向けるのではなく、全体を眺めることが重要ですね、そうすると自然と視界に入ってきますから。

 

そんなわけで、この貴重な魚たちと、これからも共存し続けたいものです。

今日も楽しく生きましょう~♪

 

沖縄で愛犬との旅を応援している宿【サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト】の公式サイトはコチラです。

↓↓↓

沖縄ペットと旅行NAVI

愛犬はいないけど、ワンちゃんと触れ合いたいという人もお気軽にどうぞ!

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴20年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。