【沖縄旅行者必見】ハブクラゲに刺された時の応急処置


こんにちは、沖縄で愛犬との旅を応援しています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、なんとなく住みついた沖縄が好きになって、恩納村でペットと泊まれる宿をやっています、サーフサイドの佐藤裕介です。

ちなみに、愛犬がいなくても、犬好きならどなたでも大歓迎です。

 

沖縄の美しい海、沖縄の一番の魅力と言ってもいいかもしれません。

だけど、その美しい海には、強い毒を持った生き物もいます。

 

代表的なのが「ハブクラゲ」

 

ハブクラゲは、水温が高くなる5月~10月頃に発生します。

ハブクラゲが大きくなる7月~9月が、観光シーズンと重なっているため、毎年この時期に被害が増えるそうです。

沖縄には、自然のままの手付かずのビーチが、多く残っていてとても美しいのですが、ハブクラゲ侵入防止ネットのない海岸では、まれに刺されることもあるので注意が必要ですね。

 

万が一、刺されてしまった場合の対処法を知っておいてほしいので、是非読んでくださいね。

 

o0420027913329750147

『ハブクラゲに刺された時の応急処置』

ハブクラゲの触手にはたくさんの刺胞があるので、少し触れただけでは全部は発射されません。

ところが刺された部分をこすると、それが刺激となって、残っている未発射の刺胞が発射して傷が広がってしまいます。

この刺胞の発射を止めるのに有効なものは「食酢」、これを応急処置として使われます。

 

ハブクラゲに刺されたときの応急処置

 

1、痛みを感じたらすぐに海からあがる。刺された部分は絶対にこすらない。

 

2、食酢を薄めずに、患部へたっぷりかける。

 

3、触手を手でそっと取り除く。

 

4、痛いときは水や冷水で冷やす。

 

酢は食用のものなら、米酢、りんご酢など何でも良いですが、飲料用に薄められたものは効果がありません。

かといって医療用の酢酸だと、逆に刺胞の発射を促進させてしまいます。

アルコールも刺胞の発射を促してしまうので、刺されたら消毒をせず、すぐにお酢をかけて下さい。

 

ただし、酢は、すべてのクラゲに有効なわけではなく、「カツオノエボシ」などは逆に刺胞の発射を促進させてしまうので、注意が必要です。

カツオノエボシは、ハブクラゲと違って、鮮やかな青い色をした10cm程度の小さなクラゲです。

刺されると、紅斑や水疱などの症状がでます。

 

監視員のいるビーチでは、すぐに助けを呼んで応急処置をしてもらい、痛みがひどいようなら病院へ行きましょう。

そんなわけで、ハブクラゲに限らず、もしも遊泳中に事故にあった場合は、海の緊急通報用の連絡先118番に連絡して、助けを呼びましょうねってはなしでした。

今日も楽しく生きましょう~♪

 

沖縄で愛犬との旅を応援している宿【サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト】の公式サイトはコチラです。

↓↓↓

沖縄ペットと旅行NAVI

愛犬はいないけど、ワンちゃんと触れ合いたいという人もお気軽にどうぞ!

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴20年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。