【沖縄海遊び】潮が引いたら、海の畑に行ってみよう


沖縄の海といえばサンゴ礁! でもダイビングやシュノーケリングはチョット苦手…
そんな人は、潮が引いたら「イノー」に行ってみよう!

 

こんにちは、沖縄案内人の佐藤裕介です。

 

いきなり「イノー」って言われても、何のこっちゃって人もいますよね。

沖縄では、沖合いをサンゴ礁に囲まれた、静かな海域を「イノー」って呼びます。

 

イノーは、海の畑とも言われ、魚や貝、海藻など海の幸を手軽に与えてくれる豊な場所として、昔から大切に利用してきた所です。

 

11

こんな感じの場所

潮の引いた潮間帯にイノーに下りて、いろいろな生き物を観察できます。

 

12

サーフサイドから車で7分のところ、イノー観察にうってつけの場所。

通称「アポガマ」

 

13

ここは、潮溜まりでシュノーケルもできるし

 

14

陸地から魚を覗けるし

 

15

ガマ(洞穴)の中は神秘的だし

 

16

みんなで仲良くBBQもできる、そんな大人から子どもまで楽しめる場所

 

17

ね、松島さん(笑)

 

きっと、おもしろくて時間が経つのを忘れてしまうことでしょう。

松島さん、写真提供有難う御座いました^_^

 

あ、それと、イノーでの注意点があるので、念のため書いときますね。

 

・濡れた岩は、すべるので足元に注意してゆっくり動くこと。

 

・沖縄の海には、毒を持った生き物がいます。

 猛毒を持つ「アンボイナ」というイモガイや、フグ毒と同じ毒を持つ「ヒョウモンダコ」というイイダコくらいの小さなタコもいるので、見つけても絶対に触らないこと。

 

・石を起こす時は、下に小さな生き物がいるので、潰さないようにそっと持ち上げ、必ず元に戻しておくこと。

 そのままにすると、石の下につく生き物は、陽射しに弱く死んでしまいます。

 

そんなわけで、恩納村の海岸は、沖縄海岸国定公園にも指定されるほど、熱帯魚やさまざまな生物の住処となるサンゴ礁が豊富な海です。

恩納村に来ることがあれば、ぜひ体験してみてくださいね。

楽しく生きましょう~♪

 

沖縄で愛犬との旅を応援している宿【サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト】の公式サイトはコチラです。

↓↓↓

沖縄ペットと旅行NAVI

愛犬はいないけど、ワンちゃんと触れ合いたいという人もお気軽にどうぞ!

 

 

The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。