【沖縄・7月の旬のもの】スナックのようにちぎって食べるフルーツのはなし


2000種類も存在するとされるパイナップルの品種の中でも特に新しいパイナップル

 

こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています、SNS活用カフェ店主の佐藤裕介です。

 

いきなりですが、スナックパインって知っています?

 

o0300022513350968076

 

台湾を原産国とするボゴールという品種のパイナップルのこと。

1年間で1~2ヶ月程度しか収穫出来ないパイナップル種の中では、小ぶりなパイナップルです。

 

スナックパインは、スナックのように簡単にちぎって食べられることから、その名前を付けられました。

このスナックパインなんですが、品種改良されて出来たパイナップルで、生産され始めてからまだ十数年しか経っていないんですって。

本土では、まだ目にすることが少ないのでは?

 

お味のほうは、非常に甘味が強く、酸味が少ないのが特徴です。

パイナップルの酸味が好きっていう人には、物足りないかもしれないけど、子どもや酸味が強いものが苦手っていう人には、おすすめ。

 

そんなわけで、7月に沖縄に来る人はスナックパインを食べてみてくださいね~

今日もゆるく楽しく生きましょう~♪

 

【SNS活用カフェ in サーフサイドのご案内】

↓↓↓

コチラのページへ

 

沖縄で愛犬との旅を応援している宿【サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト】の公式サイトです。

↓↓↓

沖縄ペットと旅行NAVI

愛犬はいないけど、ワンちゃんと触れ合いたいという人もお気軽にどうぞ!

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。