シンプル イズ ベスト、沖縄の家庭料理「マース煮」のはなし


マース煮は、素材の鮮度がいのち!

 

こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています、SNS活用カフェ店主の佐藤裕介です。

 

昨日は、毎年来てくれるリピーターさんがいらしたので、近所のいきつけの沖縄居酒屋「うんな岳」へ。

 

32

広い座敷があるんで、子連れにはありがたい店です。

 

自分は、うんな岳に行くと必ず頼むメニューがあります。

 

それは、「魚のマース煮」

 

沖縄の方言で塩のことを「マース」と言います。

つまり「マース煮」とは、塩煮のこと。

 

マース煮は、味付けは基本的に塩だけという、シンプルな調理法なのです。

 

今回は、うんな岳の大将に聞いた、マース煮の作り方を簡単に説明します。

マース煮の基本的な調味料は、マースと泡盛だけ。

ここに臭みを消すための生姜やにんにくを好みで加えます。

基本的には、水で作りますが、カツオ出汁を入れたりします、このへんは好みでしょうね。

昆布だけ加える人もいれば、本当に水と酒と塩だけで調理する人もいます。

あと、船の上なんかだと、海水で作るって人もいますね。

 

33

昨日食べたウメイロのマース煮。

個人的には、シチューマチ(アオダイ)のマース煮が好きです。

 

マース煮は、新鮮な白身魚であれば、何でも美味しく食べることができます。

また、味付けがシンプルなだけに、新鮮な魚でなければ、臭みやパサつきが出てくるので、その店の姿勢みたいのが分かってしまう一品でもあります。

 

そんなわけで、沖縄居酒屋に行った際は、ぜひ「マース煮」を食べてみてくださいね~

あ、最後に自分のいけつけの沖縄居酒屋「うんな岳」のリンクは貼っときます。

居酒屋うんな岳

 

今日もゆるく楽しく生きましょう~♪

 

【SNS活用カフェ in サーフサイド】

万座ビーチが見えるカフェスペースで、SNSの活用について楽しくゆんたくしましょう~

↓↓↓

ご案内ページはコチラ

 

自分が、沖縄・恩納村で運営している愛犬との旅を応援している宿【サーフサイド ベッド アンド ブレックファスト】の公式サイトです。

↓↓↓

沖縄ペットと旅行NAVI

愛犬はいないけど、ワンちゃんと触れ合いたいって人もお気軽にどうぞ!

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。