沖縄移住がうまくいかない人によく見られるタイプ


おはようございます、サーフサイドの佐藤です。

朝食の準備が終わったんで、お客さんが来るまでサクッとブログを更新しときます。

 

27

こんな朝食です

 

はい、3連休初日、いかがお過ごしでしょうか?

自分とこは、ありがたいことに満室を頂戴していてフル回転しています。

お手伝いは25日からなので、それまでは一人で奮闘しときます。

 

話しは変わりますが、先日泊まったお客さん、その日が沖縄生活最後の日だったようです、チェックアウトしたその足で、飛行機に乗って本土に帰っていきました。

沖縄生活2年半、けっこうこのぐらいで帰る人って多いですね。

元々そのぐらいの期間って決めてくる人もいるし、永住するぞ!って気合い入れてくる人もいる。

今回の人は、後者だったんですね、だけど2年半。

 

なんでかっていうと、単純に沖縄のことが嫌いになったみたい。

受け入れて貰えなかったんだって、大好きな沖縄に。

理想と現実のギャップってやつなんでしょうかね。

 

実際、沖縄のダメ出しばかり、正直聞いていて疲れました(笑)

でもね、その人、沖縄のことが好きだったのに、沖縄のことを全然受け入れてなかったみたい、全て自分基準の話なんだもん。

 

受け入れてほしければ、まずは自分が受け入れないと。

 

全部が全部受け入れないといけないわけじゃないけど、尊重はしないとね。

自分だって、全部を受け入れているわけじゃないけど、尊重はしているつもり。

 

現に、友人たちからは、うちなーんちゅ(沖縄の人)より沖縄に詳しいって言われたりしているし、それは受け入れている度合いが少々多いだけ。

でも、自分は、うちなーんちゅ(沖縄の人)になろうとしているわけでもないし、もちろんなれるとは思っていないし。

逆に、無理に沖縄の方言を使う本土の人を見ると、ちょっとアイタタタって思う(笑)そこじゃないしって。

あくまで島ナイチャー(沖縄在住の県外出身者)の視点で沖縄を見ているから。

それが、沖縄の役に立つんじゃなかって思っている。

 

それに、違う文化の土地で暮らすんなら、自ら情報を積極的に収集して、自分なりの編集していったほうが楽しいよ。

もし、これから沖縄移住を考えている人がいれば、まずは受け入れましょうねってはなしでした。

そんなわけで、ゆるく楽しく生きましょう~♪

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。