沖縄の食堂定番メニュー「Aランチ」が食べれて、小さな子どもが一緒でも安心のお店


こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、サーフサイドの佐藤です。

 

いろいろと沖縄のあるあるネタを書いているこのブログですが、すっかりこのことを書くのを忘れていました。

そう、沖縄の食堂にある定番メニュー、「Aランチ」です。

 

「Aランチ」は、洋食プレートの定食。

 

ただし、中身が決まっているわけじゃなくって、BランチとCランチもあって、Aランチが一番豪華ってニュアンスのメニュー名らしいです。

 

つまり「松・竹・梅」の「松」=「A」ってかんじですね。

 

では、Aランチの何が豪華か?っていうと、質と量(品数)、肉などが多いです。

一応、Aランチは、おかずが5種類以上って定義もあるらしいです。

で、本土の人が勘違いしがちのが、ランチと名がつくのだからランチ(昼食時間)限定って思うかもしれませんが、沖縄では通常メニューとしてオールタイム頼めます。

ディナーにAランチってのも、全然アリです。

それに、沖縄では「Aランチ選手権」なるものが開催されるぐらいメジャーなメニューなんですよ。

 

 

60

そんななか、僕のオススメするAランチは、浦添市にある「食堂&カフェ 太郎」。

 

 

61

Aランチ選手権の影響からか、アレンジし過ぎのお店が多いなか、太郎はスタンダードなAランチ。

これぞオキナワンAランチって言ってもいいんじゃないかと思います。

それに、なんと言っても、広い座敷もあるから、小さな子連れにも安心です。

 

 

62

右に写ってる人の良さげな男は、太郎の店長で、友人のナカちゃん。

こう見えて合気道の達人です。

 

ナカちゃん自身もセミナー会場を間違えて遅刻しちゃうような、めっちゃゆるい人なんだけど、太郎の雰囲気もいい意味で沖縄独特のゆるさがあり、ちょっとくらい子どもが騒いでも気にしない寛大さがあります。

この雰囲気って、小さな子どもがいる僕にとっては、本当にありがたいんですよね~

 

ナカちゃんにかぎらずですが、沖縄の人は子どもに対して寛大ですよね、そのへんは間違いないと思います。

たまに娘ちゃんと本土に行くとつくづく実感しますから。

たぶん、沖縄に住む本土出身者の人は、みんな感じているんじゃないかな。

 

あと、食堂なのにカラオケルームもあるので、ママさん同士の集まりには絶好の場所かもしれませんね。

 

そんなわけで、小さな子どもと一緒にAランチを食べるなら、浦添市にある「食堂&カフェ 太郎」がオススメですよ~ってはなしでした。

 

ゆるく楽しくいきましょう

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。