とんでもない山奥にあって、沖縄の大自然を体感するには絶好のカフェ


こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、サーフサイドの佐藤です。

 

けっこう前の話ですが、沖縄本島北部に観光客体験をしに行ってきました。

ちなみに、サーフサイドから名護市は約30分、本部町の中心が約1時間ってとこです。

 

で、今回のルートはこちら。

 

ナゴパイナップルパーク

ビーチロックビレッジ

ネオパーク沖縄

 

今日は、とりあえず、今回行ったなかの「ビーチロックビレッジ」を紹介したいと思います。

 

ビーチロックビレッジは、今帰仁村の山の中にあります、とんでもないくらい山の中です。

ガードレールのない細い山道を登り、途中からは未舗装路です、運転に自信のない人には厳しいかもしれません。

そんな辺境にあるビーチロックビレッジは、作家の高橋歩さんが立ちあげた自給自足の楽園をテーマにしたカフェ&宿泊施設、ほかにも自然体験のツアーを開催しています。

 

正直、僕はビーチロックって嫌いだったんですよね…

 

ビーチロックビレッジの前身だった読谷村にあったビーチロックハウス、ここは地元住民とたびたびトラブルを起こして、施設の契約を更新できず撤退。

その後、楽園を求めて、宮古島の池間島に移ろうと計画するも、これも地元住民と軋轢を起こし撤退。

そうした経緯を辿った末に、沖縄本島北部の今帰仁村の山奥に移ってきました。

どうせ、また撤退するんじゃないかって、冷ややかな目で見ていました。

だって、こうした行動って、せっかく地元の人と協調してやっている本土出身者にとっては、歓迎できないものですよね。

それに、当時リーダーだった高橋歩さんは、若者のカリスマだったし、その影響力って凄かった。

あ、今も活躍されています、過去の人風に言ってごめんなさい(笑)

 

読谷村にビーチロックハウスがあった2004年頃、若者の沖縄バックパッカー旅行ブームの絶頂期でした。

それは、間違いなく高橋歩さんの影響が大きかったですね、歩信者と呼ばれる若者達をたくさん見てきました。

サーフサイドもその当時、バックパッカー向けの施設を併設してたので、その恩恵は十分受けましたし。

ただ、高橋歩さんを盲信する若者は嫌いでした、なんか高橋歩さんの凄さに便乗しているような気がしてね。

 

でもね、昨日は、そんな過去のことをすっかり忘れて、ビーチロックビレッジに行ったら…

 

 

正直、良かった(笑)

 

 

65

ツリーハウスからの眺めは最高だし

 

 

66

当時嫌いだった若者も感じが良く見えるし(笑)

 

 

67

窯焼きピザは美味しかったし、

ピザ職人のお兄さん、とても感じが良かった。

 

 

68

娘ちゃんは、ブランコ乗って超喜んでいたし

 

 

69

ハンモックも気持ちいいし

 

 

ビーチロックビレッジになってから10年近くやっているのは、やはり真摯に継続している証拠なんでしょうね。

 

それに、かなりゆるい雰囲気のところなんで、子どもにも寛容だし、沖縄の大自然を満喫するには絶好の場所だと思います。

ただ場所的に虫パラダイスですから、そのへんは覚悟のうえで行ってみてくださいね~

 

ゆるく楽しくいきましょう

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。