沖縄の食堂やドライブインのスパゲッティについてくるトーストが意外に美味い


こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、サーフサイドの佐藤です。

 

エクスペリエンスマーケティングの師匠でマーケティングコンサルタントの藤村先生が、セミナーで今の時代は「選ばれることが大変な時代になった」っていつも言っています。

 

その選ばれることの例えとして、「スパゲッティ」の話をします。

 

昔は、スパゲッティと言えば「ナポリタン」と「ミートソース」しかなかった。

しかもミートソースは、デパート行ったときに外食で食べるもの、高嶺の花な存在。

 

では、今はどうでしょうか?

 

スパゲッティっていうか、今はパスタですね、めちゃくちゃ種類が多いです。

そのなかで、ミートソースが選ばれる確率は格段に減りました。

 

だから情報が多い今の時代、ミートソースを選んでもらうには、その価値をしっかりと伝えないと選ばれないって、ざっくり言うとそんなところです。

 

そんな話をエクスマセミナーで聞くと、おもしろい時代になったな~と思うと同時、いつも思うのが…

 

「昔ながらのスパゲッティミートソースが食べたい!」

 

って思う、そう、ただの食いしん坊です。

だって、食べたいんだから、しょうがない(笑)

 

そんなわけで、以前行った昔ながらのスパゲッティミートソースが食べれるお店を紹介します。

 

 

70

名護市にある「宮里そば」のソースたっぷりのスパゲッティ(400円)

 

ちなみに、沖縄の食堂やドライブインでスパゲッティを注文すると別皿でトーストが添えられて出てくることがあります。

なぜかって言うと、戦後米軍基地内のレストランでパスタにバケット(フランスパン)が添えられていたものが、基地の外ではバケットが手に入りにくかったため、普通の食パンなどで代用したことの名残らしいです。

 

宮里そばのスパゲッティに付いてくるトーストは、角切り食パン。

バター控えめですが、生地がほんのり甘く素朴な味、ふんわりサクっとしていて、個人的にはかなり好きです。

沖縄の食堂やドライブインのスパゲッティについてくるトーストは、どれもほかほかでサクっとふわふわ、生地自体もほんのり甘いものが多いです。

 

表面に塗られているのはバターといいつつ、沖縄でメジャーなホリデーマーガリンという可能性が高いかもしれませんが。

まあ、炭水化物&炭水化物なのでカロリー的には要注意ですが、スパゲッティにトーストがついてくると嬉しくなっちゃいますね(笑)

 

ただし、沖縄のシャレオツなカフェなどのパスタには、トーストはついてきませんので、そのへんはご注意を~。

ゆるく楽しくいきましょう

 

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴19年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。