3月の沖縄はストレスフリー、花粉症の話題は皆無です


こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、サーフサイドの佐藤です。

 

12月だというのに、暖かい日が続いている沖縄です。

そんな暖かった週末、またまたイベント巡りしていました。

 

このぐらいの気温だと、暑くもなく寒くもなく、本当に過ごしやすくていいですね。

ちょうど3月の沖縄と同じくらいの陽気でした。

 

そう、沖縄の3月といえば、晴れた日は日差しが暑く感じ始める季節です。

「沖縄国際映画祭」や「つつじ祭り」などの盛り上がるイベントが開催されます。

沖縄各地のビーチでは海開きが始まります。(正直、まだ海水浴をするには気合いが必要ですが…)

 

88

ホエールウォッチングも最盛期です。
 
 
平均気温は、19℃とそれほど高くはないけど、日差しは徐々に強くなってくるので、日中の晴れ間には暑さを感じることもあります。
 
3月の後半になれば、Tシャツで過ごせる日もあります。
 
それでも、朝晩はまだ冷えるので、観光地巡りには、長袖のカーディガンやシャツは用意しておいたほうがよいです。
 
そして、3月といえば、本州では、ちょうど花粉の時期ですよね。
 
この時期は、きっと花粉症に悩まされている人も多いと思います。
 
ちなみに、僕は北海道に住んでいる頃は、シラカバ花粉にヤラレていましたが、沖縄に来てからはすっかり花粉症とは無縁になりました。
 
まあ、沖縄にも花粉症が存在しないわけではないです。
 
沖縄にあるモクマオウ(木麻黄)という植物が、花粉症を引き起こす原因のひとつらしいですが、本州のスギや北海道のシラカバのように、花粉症を強く引き起こすものではありません。
 
あと噂では、「泡盛」には、抗アレルギー作用があって、花粉症に効果があるんだとか。
 
それに、花粉飛散情報マップを見ても、そもそも沖縄エリアは対象外ですからね。
 
実際、この時期だけ花粉症避難に、沖縄に来ている人もいるぐらいです。
 
はい、そんなわけで、花粉症の人は、海開きが始める3月に沖縄に来たら、気分転換になってよいのではないでしょうか?ってはなしでした。
 
ちなみに、今日からサーフサイドでは、3月31日までの宿泊予約の受付けを開始しました。
 
 
遊びにきてくださいね~
 
ゆるく楽しくいきましょう
 
 

The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。