沖縄で、日本一早い和そばを食べれる3店舗をご紹介


こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)をやっています。

北海道出身、沖縄在住歴15年、サーフサイドの佐藤です。

 

今年も残すところ、あと10日。

サーフサイドは年末年始も通常営業しています。

 

大晦日は満室ですが、それ以外の日は若干の空きがまだあります。

年末年始は、予約とキャンセルの繰り返しが多いので、直前まで予約状況の変動がありそうです。

 

さて、大晦日と言えば「年越しそば」ですよね。

沖縄の年越しそばは「沖縄そば」というのは、けっこう有名な話なんで、今日は沖縄で食べれる日本蕎麦の話。

2008年頃から、沖縄本島の大宜味村(おおぎみそん)で、試験的に蕎麦の栽培をスタートさせ、今では本格的に栽培しています。

温暖な気候の沖縄で、蕎麦が育つのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、沖縄の環境でもしっかりと育ち、収穫もばっちり出来るそうです。

 

しかも、大宜味村の蕎麦の売りは、

 

「日本一早い和そば!」

 

なんとも沖縄らしいキャッチフレーズです。

 

温暖な気候の沖縄なら、畑で取れるものは、何でも収穫時期は早いので、日本一早いをアピールができますからね。

 

o0480036013517396713

 

大宜味村の蕎麦は、11月に種を植えて、1月には収穫出来るそうです。

 

この時期なら台風も少ないし、天候のリスクもかなり低いのではないかと思います。

 

さて、大宜味村で収穫された和そばが食べられる店は3店舗です。

 

・ねろめ食堂

・美ぅびゅう

・江洲の花

 

すべて大宜味村にありますので、気になる人はスマホで検索してみてください。

ちなみに、お取り寄せはないようなんで、食べてみたい人は、大宜味村まで行くしかありません。

 

そんなわけで、「沖縄で、日本一早い和そばを食べれる3店舗をご紹介」ってはなしでした~

 

ゆるく楽しくいきましょう

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴17年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。