6月の沖縄、この時期だけの海の神秘体験


こんにちは、沖縄で犬も泊まれるB&B(洋風民宿)やってます、犬がいなくても泊まれます。

北海道出身、沖縄在住歴16年、サーフサイドの佐藤です。

 

昨日は、ウェブサイトへの部屋在庫の登録をしたり、ホームページの文章の見直しや英語ページの作成をしていたら、深夜になってしまい、記事の更新をせずに寝てしまいました。

 

最近、アメブロで書いていたブログを、ホームページの記事として投稿することにしています。

アメブロの時は、「毎日更新!」って気張ってましたが、投稿先を変えたのを機に、ゆるくマイペースに継続していこうと思っています。

とは言っても、心持ちを変えただけで、基本のスタンスは変わりません。

時には、ホームページのコンセプトとは、全く異なった主旨の記事もあると思いますが、そのへんはご愛敬ということで(笑)

 

さて、今日の記事は、昨日、6月末日までのオンライン予約の受付を開始したということで、6月の沖縄での海の神秘体験の話をしとこうと思います。

 

P5300366-header

そう、サンゴの産卵です。

 

ちょうど梅雨にあたる時期ですが、沖縄の海の中では、たくさんの生き物が、産卵の時期を迎えて、幼魚も増えてきます。

そのなかでも、特に有名なのが、サンゴの一斉産卵です。

 

5月~6月の大潮の前後に行われることが多く、産卵があった翌日は、海面に赤い帯のように卵が浮いているのが確認されます。

毎年、サンゴの産卵を狙って、ダイビングに来るリピーターさんもいらっしゃいます。

 

昨年、近所のラグーンさんが開催した「恩納村サンゴ産卵ツアー」は、6月3日(水)~10日(水)の1週間でした。

 

2015年 恩納村サンゴ産卵報告

 

今年の6月初旬の大潮の日が、6月4日(土)~6日(月)なので、今年もその前後なのではないかと勝手に推測しています。

ですが、なにせ相手は自然の神秘ですから、ツアーに参加すれば、必ず見れるというものではありませんので、あしからず。

 

もし、「恩納村サンゴ産卵ツアー」に参加したい人がいれば、ラグーンさんにお問合せください。

ラグーン

 

そんなわけで、「6月の沖縄、この時期だけの海の神秘体験」って話でした。

ゆるく楽しくいきましょう

 


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴20年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味の魚釣りを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。