Q,ワンちゃんを飛行機に乗せて大丈夫なの?


はいさい!沖縄で愛犬との旅を応援している、沖縄 恩納村 ペットと泊まれる宿・サーフサイドのゆーすけです。

今回のお話は、ワンちゃんと一緒に沖縄旅行をするなかで、一番の不安要素である「ワンちゃんを飛行機に乗せること」です。

今まで、ワンちゃんの受入れを10年以上していますが、サーフサイドにいらしたゲストさんのなかでは、飛行機による事故やトラブルはありませんでした。

しかし、全体では過去に不幸な事故が、起きたことがあるのは事実です、それを踏まえたうえでお読みくださいね。

アメリカの航空会社では、ワンちゃんを膝の上に乗せてOKのところがありますが、日本の航空会社は、キャビンへのワンちゃん同伴はできません。

搭乗者のなかには、ペットアレルギーの人や犬が嫌いな人もいます。

そういった人達に対し、迷惑をかけないという意味では仕方のないことですね。

なので、日本の航空会社では、バルクカーゴという気圧と温度調整ができている貨物室に、クレートの中に入った状態で固定されます。

それでは、ワンちゃんを飛行機に乗せる時の注意点や手順を書いていきます。

 

<飛行機に乗せる手順>

①搭乗手続き。

人間のチェックインが終わったら、ワンちゃんを有人カウンターで預けます。

空港自体は、基本的にペット同伴不可です。

クレートやキャリーに入れてカウンターまで移動することになります。

クレートは、航空会社が貸出をしていますが、使い慣れた自分の匂いのするもののほうが良いと思います。

預ける予約は必要ありませんが、クレートを借りる場合は事前に空きクレートの確認は必要です。

クレートの中には、使い慣れた敷物をいれてあげると良いです。

リードはクレート内で絡まる恐れがあるので、必ずはずしましょう。

日頃から、クレートトレーニングしていれば、スムーズにいきますので、旅行前の準備としてクレートトレーニングはしておいたほうが良いです。

料金は1クレート¥6,000。

10年前に比べれば本当に手軽な料金になりました。

その当時は、大型犬であれば人間以上に料金がかかる場合もありましたから。

 

②PETと記載された手荷物タグを受け取り、ここでしばしの別れ。

航空会社のスタッフたちに丁重に扱われ、手荷物とは別に運ばれて行きます。

 

③空港に到着。

係員がカートに載せて連れてきます。

たまに聞かれることがありますが、手荷物と一緒にターンテーブルで廻ってきませんで(^^;;

受け取りが済んだら、空港のなかでは出さず、空港外に出てから、ワンちゃんと感動の再会をしましょう。

 

日本の主な航空会社のペットについての記載ページはこちらです↓

【日本航空(JAL)】http://www.jal.co.jp/dom/service/pet/ (全期間において、ブルドッグなどの短頭種犬の預かりは不可)

【全日空(ANA)】http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rakunori/pets/ (7月1日~9月30日の間は、ブルドッグなどの短頭種犬の預かり不可)

【スカイマーク】http://www.skymark.jp/ja/res_boarding/baggage3.html (全期間において、ブルドッグなどの短頭種犬の預かりは不可)

【ジェットスター】与圧手荷物キャビンが無い為、お預かり不可。

※愛犬を飛行機に乗せる場合は、時期にもよりますが、早朝便や夜便を利用すること、フライトの時間を十分考慮することが大切です。

※愛犬との旅行は、愛犬の体調を考慮し、かかりつけの獣医さんの意見も参考にして計画するようにしましょう。

 

ホーム部屋・設備空室・予約周辺情報アクセスブログ「ワン連れ日記」お問合わせワンちゃんの一時預かりについて予約照会・キャンセルEnglish


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴16年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味のルアーフィッシングを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。