ワンちゃんの一時預かりについて


ダイビングなどのマリンレジャーに行かれる場合や、夕食などに外出される際にワンちゃんをサーフサイドにてお預かりする部屋を用意しています。

ご利用の場合は、宿泊料金に含まれておりますのでお気軽にご利用ください。

※一時預かり部屋となりますので、『ワンちゃんの宿泊は飼い主様と同室』になります。

 

設備について

ゆったり広々サイズのケージで大型犬でもお預かりすることが可能です。

ケージの大きさは3タイプ(鉄製金網おり型・ロック付き)

大型犬用:横2M×縦1M×高さ1・5M

中型犬用:横1・5M×縦1M×高さ1・5M

小型犬用:横1M×縦0・6M×高さ0・5M

冷暖房・防音・遮光設備は完備されております。

 

ご利用のご案内

・敷物用のバスタオル、水飲み用の器はこちらでご用意しております。

・普段使いなれた敷物がある場合は、ご持参ください。(環境が変わるとワンちゃんも不安になります、飼い主様の匂いがあるものがあると効果的です)

・ワンちゃんのお世話、給餌等は飼い主様にご自身の責任において管理していただきます。例外として外出時でやむを得ずこれらを行えない場合は、ご相談ください。

・ペットフードはそれぞれの好みがありますので、必ず飼い主様がご用意ください。当施設ではアレルギー等により発生する事故を防ぐためフードの販売、提供は一切いたしておりません。

・滞在中にノミ、ダニ等の外部寄生虫を発見、またペットが急病、けがなどをし、飼い主様にご連絡が取れない場合、当施設が動物病院に搬送し、駆除または治療させていただきます。その際の治療費は別途飼い主様にご請求させていただきます。

・宿泊中の急病およびペットの持病などによる死亡、特異体による不慮の事故、天災などの不可抗力による逃亡および死亡などについては当施設では責任を負いかねます。また、帰宅後の発病等に関しても責任は負いかねますのでご了承ください。

 

ご利用できるワンちゃんは以下の条件を満たしていること

下記の条件を満たしていても、他者ならびに他のペットに危害を与えたり、生活上の支障を与えたりする恐れがあると当施設側で判断した場合は、宿泊をお断り、または宿泊中であっても退去を要請させていただくことがありますのでご了承ください。

・狂犬病及び混合ワクチン6種以上の予防接種を受けており、接種後1週間以上1年未満であること。

・沖縄は1年を通して蚊が発生しているため、フィラリア予防薬を服用していること。

・病気療養中、もしくは病後などの養生期間中でないこと。

・人畜共通感染症(狂犬病、サルモネラ症、トキソプラズマ症などの動物からヒトへ、またその逆に感染する病気)に感染のおそれがないこと。

・ノミ、ダニ等の外部寄生虫または、回虫・条虫等の内部寄生虫の駆除対策を済ませてあること。

・生後4ヶ月以上であること(体力、免疫等の問題があります)

・闘犬として育成するなど、著しい攻撃性を備えたり、他者ならびに他のペットに対し恐怖心や嫌悪感を与えたりするペットではないこと。

・メス犬に関しては、生理開始日から1ヶ月以上経過していること。

・発情中または妊娠中でないこと。

・沖縄および当施設までの移動と宿泊に耐えられるだけの体力と年齢、精神状態であること。

 

動物取扱業 沖動保第325号

【登録年月日:H19/04/25】

【有効期間:H29/04/24】

動物取扱責任者:佐藤裕介

 

ホーム部屋・設備空室・予約周辺情報アクセスブログ「ワン連れ日記」お問合わせワンちゃんの一時預かりについて予約照会・キャンセルEnglish


The following two tabs change content below.
佐藤 裕介

佐藤 裕介

サーフサイドのオーナー
北海道札幌市出身、沖縄在住歴16年、恩納村万座の丘で犬も泊まれる小さな宿をやってます、犬がいなくても泊まれます。 沖縄旅行に役立つ情報や趣味のルアーフィッシングを中心に発信しています。 1973年生まれ、札幌市立西野第二小学校、札幌市立西野中学校、札幌西陵高等学校、札幌学院大学。 2000年沖縄移住、2002年サーフサイド開業。